ロイ・バウマイスターの研究によると、意思決定の際には、頑張ることや我慢など自制心を働かせた時と同様、Willpower(意志力)を消耗しているということがわかりました。
では、意思決定の繰り返しでWillpower(意志力)を消耗していくことを事前に知り、それを避けるためにはどのようにしたらいいでしょうか?

 

Facebookの創業者のマーク・ザッカーバーグは、いつも同じTシャツを着て、同じ格好をしています。彼は、トレードマークであるグレーのTシャツを20枚も持っているといいます。
着るものについての選択で「エネルギーを使うのは無駄」という非常なシンプルな理由からそうしているといいます。

彼は、1日に何十何百という重要な意思決定を行うような仕事をしています。そんな中で、少しでも余分な意思決定の要素を減らしたいということだと思われます。

ザッカバーグに限らず、スティーブ・ジョブズが、いつもイッセイ・ミヤケの黒いタートルネックにジーンズを着ていたのは有名です。

また、オバマ大統領が、いつも紺のスーツ姿をしていたことも記憶に新しいと思います。

朝のファッション一つを取っても、無駄なことに使うWillpower(意志力)を使わないようにして、するべき仕事に全力を尽くせるようにしていることの現れであると見ることもできるでしょう。

 

学生や、特定の職業の人が制服を身につけるのも、無駄なWillpower(意志力)を使わないという意味で、重要な役割を果たしていると言えるのではないでしょうか?